ダートグレード競走特集

第62回 クイーン賞(Jpn III)

出走馬

JRA所属馬(出走:4頭)

ヴィータアレグリア (牝5)
ヴィータアレグリア
 デビューから芝ばかり使われてきたが、ダートに転じて【3213】の好成績。マリーンカップを制しているように、船橋コースも問題ない。前走は4着だが、ハイペースで追走に脚を使わされた印象で、じっくりとためていければ違うはず。その点、1800メートルに距離が延びるのは好材料で、休み明けでも好勝負が期待できそう。

タイニーダンサー (牝3)
タイニーダンサー
 昨年、門別で重賞4勝を挙げ、NAR2歳最優秀牝馬を受賞。JRAに移籍後も関東オークス制覇、ブリーダーズゴールドC2着など、地力の高さを示している。前2走がともに7着と、一時の勢いは影を潜めたが、北海道2歳優駿勝ちからも距離は問題なく、初コースも苦にしないタイプ。きっかけひとつで一変する可能性を秘めている。

トロワボヌール (牝6)
トロワボヌール
 一昨年のJBCレディスクラシック(盛岡)で2着となって以降、ダートグレード戦線で活躍。クイーン賞は2014年に制し、昨年も2着に食い込むなど、抜群の相性を誇っている。10カ月の休養を挟んだ分、近2走は今ひとつだが、叩き3戦目ならそろそろ変わってくるはずで、ハンデも56キロ止まり。得意舞台で本領を発揮しそうだ。

マイティティー (牝4)
マイティティー
 2歳時に未勝利戦を勝って以降、長らく不振が続いたが、ダートに転じて素質が開花。スタート直後につまずいた3走前(15着)を含めても、近5走で【4001】と、目覚ましい成績を残している。左回り実績が今ひとつなのが気になるが、リズム良く先行できれば力を発揮でき、地方の馬場も合いそう。初タイトルの可能性も十分にある。


地方他地区所属馬(出走:4頭)

ジュエルクイーン (牝4)
ジュエルクイーン
 重賞5勝の実績に加え、水沢のビューチフルドリーマーC制覇、川崎のロジータ記念で4着と、輸送競馬でも力を発揮しているのが強み。近況も門別の牡馬混合重賞で好勝負を演じており、状態の良さがうかがえる。ただ、レディスプレリュードが12着で、ダートグレードでは少し荷が重い印象もある。ハンデ51キロを生かしたいところ。

タイムビヨンド (牝4)
タイムビヨンド
 以前は詰めの甘さがあったが、今年はノースクイーンCで重賞初制覇。続くビューチフルドリーマーCは3着も、その後は牡馬相手の道営記念を含めて3連勝と、破竹の勢いを見せている。自在に運んで崩れないセンスの良さが武器で、1800メートルも【2213】と得意。初の左回りさえ克服できれば、入着以上の結果も望める。

トーコーヴィーナス (牝4)
トーコーヴィーナス
 重賞8勝、各地の牝馬タイトルを手にしているほか、2走前のレディスプレリュードでも2着に粘り込み、地方を代表する牝馬に数えられる。勝負どころで突き放せず2着に敗れた前走に不満が残るが、この一戦だけで見限るのは早計。スピードは引けをとらずハンデも53キロと手ごろだけに、展開や馬場次第で上位争いを演じられそうだ。

ユッコ (牝4)
ユッコ
 JRAでは1勝にとどまったが、岩手に移籍後、ビューチフルドリーマーCで0秒1差の2着に入り存在をアピール。その後のレディスプレリュードは9着、前走のJBCレディスクラシックは8着と、ともに今ひとつの着順だったが、ジワジワと脚を伸ばした内容は悪くなかった。少しでも展開が向くようなら、上位フィニッシュが期待できる。


南関東地区所属馬(出走:6頭)

ミスミランダー (牝3)
ミスミランダー
 門別でのデビューから、笠松を経て船橋に転入。関東オークスでは先団から息の長い末脚を見せ、2着に健闘した。その後、戸塚記念こそ5着に敗れたものの、黒潮盃、ロジータ記念の2重賞を制し、南関東の現3歳牝馬ではトップクラスの力を見せている。もまれ込んだほうが良いタイプで、内々をうまく追走できれば好勝負が可能だ。

ノットオーソリティ (牝5)
ノットオーソリティ
 ロジータ記念など重賞6勝を誇る強豪で、昨年のクイーン賞でも0秒2差の3着に食い込む健闘を見せた。長期休養後の2戦が今ひとつだが、南関の牡馬オープンが相手だけに仕方のない面もあるだろう。今回は叩き3戦目で、実績のある船橋1800メートルが舞台。ハンデも昨年より1キロ軽くなっており、近況だけで軽視するのは禁物だ。

ララベル (牝4)
ララベル
 デビューから【7212】で、5着以下がない素質馬。レディスプレリュードは4着だったが、初のダートグレード挑戦に加えて、最後はハミをしっかりとらずに走っていた。それで勝ち馬から0秒4差なら、十分に通用する下地がある。JBCを右後肢臀筋炎で除外となった影響もなく乗り込めており、初の交流タイトルが期待できる。

リンダリンダ (牝3)
リンダリンダ
 門別で重賞2勝、大井転入後も東京プリンセス賞を制すなど、3歳牝馬戦線で好勝負を演じてきた。2走前は牡馬オープンが相手で4着だったが、休み明けなら上々。続くロジータ記念も、勝負どころで他馬と接触しながら2着に押し上げ、地力の高さと精神面の成長を示した。成長著しい近況だけに、初のダートグレードでもマークははずせない。

マテリアメディカ (牝3)
マテリアメディカ
 2歳時から素質の片鱗を見せていたが、ノド鳴りの手術を施されて能力をフルに発揮できるようになった。特に今年の夏以降は黒潮盃で3着、戸塚記念、ロジータ記念もともに4着と、安定した走りを見せている。今回はダートグレードで相手が格段に上がる分、過度な期待はしづらいが、ハンデ51キロなら上位で流れ込む可能性もある。

ケイティバローズ (牝6)
ケイティバローズ
 多少集中を欠く面があるが、JRA在籍時に4勝を挙げたほか、ブリーダーズゴールドCで4着、エンプレス杯3着と、牝馬のダートグレードで互角の立ち回りを演じている。転入後はマイル前後で好成績を残しているが、本質的には中距離がベストのタイプ。2着から0秒1差に押し上げた前走の内容も良く、集中して走れれば勝機もある。


クイーン賞とは?

 1955(昭和30)年創設の牝馬限定戦で、97年からダートグレード競走となった。03年までは10月に行われていたが、04年から12月開催へ移動。負担重量は05年までの別定に変わり、06年からハンデ戦に変更された。
 クイーン賞は地方馬の善戦が見られるレースだ。JRAアクティビューティが制した13年は、大井サクラサクラサクラが逃げ粘り2着。12年は船橋クラーベセクレタ、高知アドマイヤインディがJRAレッドクラウディアの2、3着、11年は船橋クラーベセクレタが優勝、10年は船橋ザッハーマイン、笠松トウホクビジンがJRAミラクルレジェンドの2、3着、09年は地方馬が1~3着を独占した。

※レース情報をクリックすると、競走成績が開きます。



データで見る「クイーン賞」

【所属】JRA(栗東)が優勢

 所属別に見ると過去10回でJRA(栗東)が6勝、JRA(美浦)が2勝、船橋と川崎が1勝とJRA(栗東)が優勢の傾向にある。
 また、船橋の1勝は牝馬ながらに南関東クラシック2冠を制したクラーベセクレタが勝利したもので、世代トップクラスの実力をもってJRA所属馬も一蹴している。

所属 JRA
(栗東)
JRA
(美浦)
船橋 浦和 大井 川崎 他地区
1着回数 6 2 1 0 0 1 0

【年齢】3歳馬が優勢

 年齢別に見ると3歳馬が5勝しており優勢となっている。4歳馬、6歳馬がそれぞれ2勝を挙げているが7歳馬以上は未勝利と高齢馬には厳しい傾向にある。
 また、今年6歳馬となるトロワボヌールは、二年連続三着内という好成績を残している。

馬齢 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10歳以上
1着回数 5 2 1 2 0 0 0 0

【人気】勝率・連対率は1番人気が、3着内率は2・4番人気が安定

 過去10回の傾向を見てみよう。「1番人気」馬の成績は[1着4回-2着4回-3着1回-着外1回]と勝率40%、連対率80%、3着内率は90%とまずまずの成績を残している。「2番人気」馬の成績は[1着3回-2着0回-3着1回-着外6回]だが、堅いレースとは言えないだろう。

成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-4-1-1 40% 80% 90%
2番人気 3-0-1-6 30% 30% 40%
3番人気 0-2-2-6 0% 20% 40%
4番人気 2-2-1-5 20% 40% 50%
5番人気 0-0-2-8 0% 0% 20%
6番人気 1-0-0-9 10% 10% 10%
7番人気 0-1-0-8 0% 11% 11%
8番人気以下 0-0-3-66 0% 0% 4%

昨年のレース模様

第61回 クイーン賞(Jpn III)の模様  フローラステークス2着馬のディアマイダーリンがダート初挑戦ながら、2番手から抜け出し重賞初勝利を手にした。
 JBCレディスクラシック3着馬であり、前年の覇者トロワボヌールが、3番手の内から差を詰めたが結果は2着、3着はロジータ記念馬ノットオーソリティ。



過去の優勝馬

  • 第60回 クイーン賞(Jpn III)の模様
    2014年12月3日
    第60回 トロワボヌール [JRA]
  • 第59回 クイーン賞(Jpn III)の模様
    2013年12月4日
    第59回 アクティビューティ [JRA]
  • 第58回 クイーン賞(Jpn III)の模様
    2012年12月5日
    第58回 レッドクラウディア [JRA]

イベント・ファンサービス

12月7日は「夜競女子デー!」第9回船橋ケイバ(12/5-9)イベント・プレゼント


ネット投票キャンペーン


その他コンテンツ

  • 第62回 クイーン賞(Jpn III)ポスター
    クイーン賞の開催ポスターをダウ
    ンロードできます。