ダートグレード競走特集

第24回 マリーンカップ(Jpn III)

サラブレッド系 3歳以上牝馬 グレード別定 ダ1600m 1着25,000,000円

出走予定馬

JRA所属馬(出走:4頭)

スマートフルーレ (牝4)
スマートフルーレ
 いまだ3勝クラスとはいえ、自在に立ち回れるセンスの良さを武器に【3522】。その全てで掲示板を確保する安定感を見せており、牝馬限定のダートグレードなら力は見劣らない印象だ。1700mで好走実績があるぶん、マイル戦にも不安は感じられず、初めての左回りと地方のダートさえ克服できれば、あっさり勝ち切る可能性もある。

パッシングスルー (牝4)
パッシングスルー
 デビューから芝ばかりを使われ、シンザン記念、フローラSでともに4着など好走を続けたのち、紫苑Sで重賞勝ち。初ダートだった前走のエンプレス杯では、キックバックを嫌がりながらも0秒7差の3着と、上々の走りを見せた。ダートも2度目なら慣れが見込め、位置取りに関係なく力を発揮できるのも強み。チャンスは十分だ。

メモリーコウ (牝5)
メモリーコウ
 新馬戦、続く未勝利戦こそともに5着に敗れたが、馬体の増加とともにパワーアップ。昨秋に2勝クラス、3勝クラスを連勝し、今年のTCK女王盃で3着に食い込むなど、本格化を果たした印象だ。前走は牡馬オープンが相手で12着も、牝馬同士なら違うはずで、地方の馬場も2度目。マイルに戸惑わなければ、初タイトルが可能だ。

ラインカリーナ (牝4)
ラインカリーナ
 昨年の関東オークスの勝ち馬。その後も牝馬限定のダートグレード、牡馬相手のJRAオープンや佐賀記念で好勝負を演じており、実力の高さを示している。クイーン賞で3着に粘った走りからも船橋コースは問題なく、軽快なスピードがあるぶん、距離短縮にも十分に対応できるはず。展開次第で、久々のタイトル奪取も期待できる。

マリーンカップとは

 1997(平成9)年に交流重賞として創設された3歳以上牝馬のマイル戦。古馬牝馬重賞戦線は、秋から冬にかけては1800から2100mの中長距離中心だが、春から夏にかけては1600m以下のレースが続き、短距離馬が本領を発揮できる季節がやってくる。

データで見る「マリーンカップ」

【所属】JRA(栗東)が優勢

 所属別に見ると過去10回でJRA(栗東)7勝、JRA(美浦)2勝、川崎1勝とJRA(栗東)が優勢の傾向にある。

所属 JRA
(栗東)
JRA
(美浦)
船橋 浦和 大井 川崎 他地区
1着回数 7 2 0 0 0 1 0

【年齢】5歳馬が優勢

 年齢別に見ると5歳馬が7勝、4歳馬・6歳馬・9歳馬がそれぞれ1勝をしており、5歳馬優勢の傾向にある。
 また、連覇はメイショウバトラーが2008年・2009年と達成して以来出ていない。

馬齢 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10歳以上
1着回数 0 1 7 1 0 0 1 0

【人気】1番人気が優勢

 過去10回の傾向を見てみよう(2011年は東日本大震災により開催中止)。「1番人気」馬の成績は[1着5回-2着3回-3着1回-着外1回]と勝率50%、連対率80%、3着内率は90%と好走を続けている。 「2番人気」から「4番人気」の馬も3着内率がそれぞれ60%と健闘している。

成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 5-3-1-1 50% 80% 90%
2番人気 2-2-2-4 20% 40% 60%
3番人気 1-3-2-4 10% 40% 60%
4番人気 2-1-3-4 20% 30% 60%
5番人気 0-0-1-9 0% 0% 10%
6番人気 0-1-1-8 0% 10% 20%
7番人気 0-0-0-10 0% 0% 0%
8番人気以下 0-0-0-47 0% 0% 0%

昨年のレース模様


過去の優勝馬

  • 第22回 マリーンカップ(Jpn III)の模様
    2018年4月11日
    第22回 アンジュデジール [JRA]
  • 第21回 マリーンカップ(Jpn III)の模様
    2017年4月12日
    第21回 ホワイトフーガ [JRA]
  • 第20回 マリーンカップ(Jpn III)の模様
    2016年4月13日
    第20回 ヴィータアレグリア [JRA]

イベント・ファンサービス

船橋ケイバ 第13回・第1回船橋競馬〔3月30日(月)~4月3日(金)〕新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客競馬での開催!


ネット投票キャンペーン


その他コンテンツ

  • 第24回 マリーンカップ(Jpn III)ポスター
    マリーンカップの開催ポスターをダウ
    ンロードできます。