ダートグレード競走特集

第23回 マリーンカップ(Jpn III)

サラブレッド系 3歳以上牝馬 グレード別定 ダ1600m 1着25,000,000円

出走馬

出走予定馬

JRA所属馬(出走:3頭)

アイアンテーラー (牝5)
アイアンテーラー
 重賞初挑戦だったJBCレディスクラシックこそ8着に敗れたが、続くクイーン賞で3馬身差の逃げ切り勝ちを演じ、ダート牝馬路線での力上位を示した。ハナを切ってこそのタイプで、前走は大外枠もあって行ききれなかったのが響いただけ。マイル戦で同型との兼ね合いも鍵になるが、実績のある船橋コースなら、巻き返しの余地は十分にある。

オウケンビリーヴ (牝6)
オウケンビリーヴ
 芝で2勝を挙げたのちダートに転向。持ち前のスピードと高い砂適性を武器に、クラスターC制覇など短距離で存在感を示している。昨年のスパーキングレディーCで半馬身差の2着があり、マイルも守備範囲。牡馬オープンと互角に渡り合っている近況からも、今の状態の良さがうかがえる。ロスなく運べれば、2度目のタイトル奪取が期待できる。

リエノテソーロ (牝5)
リエノテソーロ
 2歳時にエーデルワイス賞と全日本2歳優駿を制し、翌年には芝のNHKマイルCでも2着。その後は不振が続いたが、昨年のスパーキングレディーCで勝利したように、持ち前の高い能力は健在だ。気分よく先行できれば持てる力を発揮でき、地方のマイルもベストの舞台。休み明けで気配次第だが、いきなりの好走があっても不思議ではない。

南関東地区所属馬(出走:5頭)

エミノマユアク (牝6)
ノーイメージ
 JRAでデビューし、2勝を挙げたのち船橋へ移籍。持ち前の末脚を武器に、南関東B級での力上位を示している。ダートグレードではエンプレス杯での8着2回が最高で、昨年のマリーンCでも9着に敗れているが、ここへ来て本来の末脚が戻ってきたのは強調材料。さばきやすい少頭数だけに、先行勢がやり合う展開なら上位に食い込めそうだ。

ナムラアヴィ (牝5)
ノーイメージ
 JRA未勝利で浦和に転入。その後は南関東のB3で2勝を挙げているが、昨年のマリーンCは10着、A2下の牝馬準重賞でも11着と、牝馬の上位級が相手では苦戦を強いられている。前2走も案外なだけに過度な期待はかけにくいが、はまったときには強烈な末脚を発揮するタイプ。少しでも展開が向くようなら、掲示板にも手が届くだろう。

ベニアカリ (牝4)
ノーイメージ
 浦和で新馬勝ちを果たしたが、その後は32戦して未勝利。勝負どころでの反応が今ひとつで、レースに集中し切れていない印象だ。ただ、叩き2戦目だった前走で好時計の2着に押し上げており、使ったぶんの良化がうかがえる。少頭数とはいえ強力なメンバーだけに過信はできないが、集中して走れれば、期待以上の結果が見えてくる。

チークス (牝4)
ノーイメージ
 門別でデビューし、愛知を経て川崎へ転入。初戦こそ4着に敗れたが、その後は4連勝と充実ぶり顕著な走りを見せている。いまだC1格付けの身だが、前走は2着馬に2秒もの差をつける圧勝。その勝ち時計は同じ日のB1戦を大きく上回る優秀なもので、ここに入っても力は引けをとらない。自分のリズムで運べれば、好勝負になりそうだ。

ラーゴブルー (牝5)
ノーイメージ
 JRAでは未勝利だったが、川崎に転入後は抜群の瞬発力を武器に【8201】。しらさぎ賞と東京シンデレラマイルを制すなど、南関東の牝馬ではトップクラスの力がある。昨年のスパーキングレディーCは6着だが、スタート直後に大きくつまずいただけに度外視。まともならダートグレードでも互角の印象で、久々の実戦でも要注目だ。

マリーンカップとは

 1997(平成9)年に交流重賞として創設された3歳以上牝馬のマイル戦。古馬牝馬重賞戦線は、秋から冬にかけては1800から2100mの中長距離中心だが、春から夏にかけては1600m以下のレースが続き、短距離馬が本領を発揮できる季節がやってくる。

データで見る「マリーンカップ」

【所属】JRA(栗東)が優勢

 所属別に見ると過去10回でJRA(栗東)8勝、JRA(美浦)2勝とJRA(栗東)が優勢の傾向にある。

所属 JRA
(栗東)
JRA
(美浦)
船橋 浦和 大井 川崎 他地区
1着回数 8 2 0 0 0 0 0

【年齢】5歳馬が優勢

 年齢別に見ると5歳馬が6勝、4歳馬・6歳馬・8歳馬・9歳馬がそれぞれ1勝をしており、5歳馬優勢の傾向にある。
 また、8歳馬と9歳馬の1勝はメイショウバトラーが2008年・2009年と連覇を達成したものである。

馬齢 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10歳以上
1着回数 0 1 6 1 0 1 1 0

【人気】1番人気が優勢

 過去10回の傾向を見てみよう(2011年は東日本大震災により開催中止)。「1番人気」馬の成績は[1着6回-2着2回-3着1回-着外1回]と勝率60%、連対率80%、3着内率は90%と好走を続けている。 「2番人気」から「4番人気」の馬も3着内率がそれぞれ60%と健闘している。

成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 6-2-1-1 60% 80% 90%
2番人気 2-2-2-4 20% 40% 60%
3番人気 0-4-2-4 0% 40% 60%
4番人気 2-1-3-4 20% 30% 60%
5番人気 0-0-1-9 0% 0% 10%
6番人気 0-1-1-8 0% 10% 20%
7番人気 0-0-0-10 0% 0% 0%
8番人気以下 0-0-0-54 0% 0% 0%

昨年のレース模様

第22回 マリーンカップ(Jpn III)の模様  クイーン賞2着、エンプレス杯1着のアンジュデジールがマイペースで逃げ切った。レディスプレリュード1着以来半年ぶりのクイーンマンボ(単勝1.6 倍)は3番手から差を詰めたが2着、前走コーラルS4着のヤマニンアンプリメが3着、TCK女王盃勝ち馬ミッシングリンクは4着



過去の優勝馬

  • 第21回 マリーンカップ(Jpn III)の模様
    2017年4月12日
    第21回 ホワイトフーガ [JRA]
  • 第20回 マリーンカップ(Jpn III)の模様
    2016年4月13日
    第20回 ヴィータアレグリア [JRA]
  • 第19回 マリーンカップ(Jpn III)の模様
    2015年4月14日
    第19回 サンビスタ [JRA]

イベント・ファンサービス

船橋ケイバ 第1回開催 〔4月15日(月)~19日(金)〕イベント情報


ネット投票キャンペーン


その他コンテンツ

  • 第23回 マリーンカップ(Jpn III)ポスター
    マリーンカップの開催ポスターをダウ
    ンロードできます。