ダートグレード競走特集

かしわ記念とは?

 第1回千葉県営競馬が柏競馬場で行われたことを記念して、1989(平成元)年に創設されたマイル戦で、96年に指定交流競走となり、07年にはGIに格上げされた。春から夏にかけて短距離馬の出走するダートの大レースがなかったこともあり、かしわ記念はダートグレード統一元年から中央・地方の最強馬が集結するレベルの高い争いが繰り広げられてきた。
 GI7勝馬のブルーコンコルド、GI9勝馬エスポワールシチー、GI8勝馬ホッコータルマエ、地元船橋の名馬アブクマポーロ、トーシンブリザード、ナイキアディライト、アジュディミツオー、フリオーソなどトップホースが優勝馬に名を連ねている。
 今年も、中央・地方のトップホースが繰り広げる一大決戦から目が離せない。

※レース情報をクリックすると、競走成績が開きます。



データで見る「かしわ記念」

【所属】JRA(栗東)が優勢

 所属別に見ると過去10回でJRA(栗東)6勝、JRA(美浦)と船橋が2勝とJRA(栗東)が優勢の傾向にある。
 また、船橋の2勝はアジュディミツオーとフリオーソが勝利したもので、かしわ記念以外でもJRA勢と互角以上に渡り合ってきた実力馬達である。


【年齢】4歳馬・7歳馬が若干優勢も接戦

 年齢別に見ると5歳馬・6歳馬が2勝、4歳馬・7歳馬が3勝をしており若干優勢だが、世代間ではそれほど差のない傾向にある。
 また、エスポワールシチーは4歳・5歳・7歳で勝利、6歳では3着、8歳で2着と5年連続で複勝圏内を確保しており、かしわ記念で好走実績のある馬は年齢を重ねても注意が必要である。


【人気】勝率は2番人気が、連対率・3着内率は1番人気が優勢

 過去10年の傾向を見てみよう。「1番人気」馬の成績は[1着3回-2着3回-3着3回-着外1回]と勝率30%、連帯率60%、3着内率は90%と好走を続けている。しかしながら「2番人気」馬は[4-1-2-3]と勝率40%で1番人気を上回っており、「3番人気」馬も[2-2-2-4]で3着内率60%と見逃せない成績となっている。「4番人気」「5番人気」の馬も3着内率が40%~30%で健闘している。反面、下位人気馬はあまり成績が芳しくない。

成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-3-3-1 30% 60% 90%
2番人気 4-1-2-3 40% 50% 70%
3番人気 2-2-2-4 20% 40% 60%
4番人気 0-2-2-6 0% 20% 40%
5番人気 1-2-0-7 10% 30% 30%
6番人気 0-0-0-10 0% 0% 0%
7番人気 0-0-1-9 0% 0% 10%
8番人気以下 0-0-0-53 0% 0% 0%

昨年のレース模様

第26回 かしわ記念(Jpn I)の模様  フェブラリーSを最低人気で優勝したコパノリッキーが4頭が横並びとなった最後の直線で一気に駆け抜け、2馬身差をつけて貫禄勝ち。
 前走東京スプリント2着のセイクリムズンが逃げ粘り2着。
 3着には1番人気単勝1.8 倍に推されたワンダーアキュートが入った。
 先行した根岸S勝ち馬ゴールスキーは4着だった。


過去の優勝馬

  • 第25回 かしわ記念(Jpn I)の模様
    2013年5月6日
    第25回 ホッコータルマエ [JRA]
  • 第24回 かしわ記念(Jpn I)の模様
    2012年5月2日
    第24回 エスポワールシチー [JRA]
  • 第23回 かしわ記念(Jpn I)の模様
    2011年5月5日
    第23回 フリオーソ [船橋]

ポスターダウンロード

第27回 かしわ記念(Jpn I)ポスター  かしわ記念の開催ポスターをダウンロードできます。